魔法のほうきデザインコンテスト受賞作品の試作品

ご依頼者 社団法人環境情報科学センター
対応会社 K社(OA・家電機器)
依頼製品 「魔法のほうき」のデザインコンテスト受賞作品
(折り畳み式自転車)の試作品 2台 
装置目的 脱・車社会の実現に向けた新しい乗り物
製造期間 1ヶ月(ご発注~設計~納品)

kaseda1環境省が地球温暖化を防止するための生活の促進を目的に、電車に手軽に持ち込めて降りたらすぐ使える乗り物のデザインのコンテストを行った。

審査委員長の「受賞作品の試作は、大田区で製作したい」という意向を受け、大田区産業振興協会からテクノWING管理組合に依頼がきた。

デザイン構想図を実際に試作するには、アイデアを形にする確かな力が必要であり、工業デザイナと組んで設計制作経験が豊富な有限会社カセダエンジニアリングが選ばれた。

製造は、設計に2週間、部品制作に2週間、組立に2日を要した。
購入部品の他に、同社が乗り物のために設計した部品をテクノWING内の加工会社を含め数社に制作を依頼した。

複雑な設計の自転車の微調整も、製造まで数社が関ってはいるが同じビル内ということもあり迅速な対応ができた。

今後もさらに経験を生かし、あったらいいなという夢やアイディアを形にする仕事を受けていきたいそうだ。


環境大臣賞「トライシクルボード」

kaseda2鳥取県米子市のデザイナ小林浩治氏

3輪であることからくる安定した走行と、折り畳んだ際にもキャリーカートとして利用できる、今までに見られない利用方法をデザインに盛り込んだ点が大きく評価。また、フレームを後輪ごと90度回転させる折り畳み機構のアイデアも高く評価された。


優秀賞 「サイクリプス」

kaseda3自転車デザイン研究会(千葉工業大のOB)

ワンタッチで折り畳める機構に特長があり、折り畳んだ際に、フレームと一体になったパネルが、突起物の多い駆動部を被い隠すデザインが高い評価を受けた。